アシナガバチの巣

去年、今年とアシナガバチの巣を比べてみますと
今年は、ずいぶん立派な巣を造ったものです。

画像


これは、うまく冬が越せたからで、気温がうんと下がる冬、また
越冬している場所に異変があったときなどは
どうしても、生き残ることが難しく、翌年の巣はウンと小振りになります。

画像


右が去年のもの、左が今年の巣。

今は、巣立ったたくさんの子供が、新しい世界をあちこち飛び回り、
いっぱい食べて、体力をつけ、厳しい冬を乗り越えようとしている時期です。
アシナガバチは、スズメバチとは違い、なにもしなければ刺されることは
あまりありません。

巣を襲ったりしますと、生き物として当然攻撃してきますが、普段は
性格が穏やかでゆっくりとあちこち飛び回り、食料を探します。

巣の場所は、入り口のドアの真上の梁で、4Mくらいあるので
決して、危険なことはありません。

去年より巣が大きくなったというのは、なんかうれしく、無事にこの冬を
全員乗り切って欲しいと、思うばかりです。

冬を越す主な場所は、エンビパイプや竹など、長い筒の中です。

以前、真冬に配管のために、戸外に置いていたパイプに
水を通したところ、たくさんのアシナガバチが、水と一緒に震えながら
押し出され、後悔したことがありまして、
それ以来、いっそうこのハチに親しみを覚えるのかも知れません。

今年はいつもの場所に、パイプを5本、断熱材を巻いて
置いておきました。

これで、みんな元気に、温かい春を迎えよう!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック